Welcome to my blog

ソプラノ・ヴォーカリスト 渡辺麻衣

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

これってどうなの?

Category - 未分類
たまたま調べ物をしていたらいきあたった児童養護施設のサイト。
施設の紹介、子どもたちのこと。
そこには「知ってほしい」という思いを感じた。

その流れの中に、その施設のボランティア募集の広告があった。
そこにはいろんなボランティアの募集があり、とくに習い事はやりたい子が多いので、お願いします、とのこと。

その最後はこんなふうにしめくくってあった。(抜粋)

>・児童養護施設の勉強、研究、就職活動の一環としてのボランティア活動はお断りいたします
・子ども達は、そういう意図をしっかり感じ、嫌悪感を抱き、結果として子ども達、ボランティア双方が不幸になります・・・・・どうぞご了承ください

ついさっきこの一文をみつけてしまい、どうしてもひっかかり、
いろんなことを考えている。
今一言でこの文についての考えをまとめる時間がない。

一言で言うと、、、残念だなあ、、、というのが近いかなあ。
私ならこうは書かない。むしろこういう人こそおいで、と思うが。。。
勉強したいなら願ってもないじゃないか。しっかり教えてあげればいい。施設のことを知ってもらい、それでボランティアもやってくれるっていうんなら、一石二鳥だ。
就職活動の一環だっていいじゃないか、生活かかってるんんだ、
そんな人こそ生半可な気持ちでは来ないだろう。

逆に、「だったらそういうことを言わなきゃいいんでしょ」ということになってしまう。
そんなところを適当に言って切り抜けられる人なんて山ほどいると思うし。

それに、、、こどもはみんなそんなふうにとるのかなあ。
そんなのほんとにわかるのかなあ。
動機はなんでもいいからとりあえず教えて、、、という子だっているんじゃないのかな。
いろんな子がいるんんじゃないかな。


いいかげんなきもちではできないよ、ということを伝えたいならそういう書き方
もあると思う。

こう書かざるを得ない事情もあるのだろう。


ここが欲しいのはくもりなき「善意」というものなのかな。
くもりなき「善意」「思い」「愛情」

それを求めているのかな。
そんなものがあるのかな。

でもそれはどうやって表すものなのか?

くもりなき善意や思い・・・?
かえってそれを全面的に出される方が私は警戒してしまう。

人はいろんな思いの中で生きていて当たり前と思う。
考えが変わるところに成長の可能性もあると思うし。

だから、「思い」のクリアさよりも、実際の「行動」を見るしかないじゃない?

いろんな思いや思惑、理由があったとしても
それでも実際足を運んで動こうとしている、、、、そこだけを見ることはむずかしいのだろうか。

たくさんの支援や協力、賛同を得たいならできるだけその窓口は広いほうがいい。


子どもでも大人でも、、その人自身の思いや感じ方、動機を、
「こう」と決めてしまったところには、その広さの窓口しか、ないのだ。







Category - 未分類

- 2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/01 (Fri) 23:36 | REPLY |   

taroko  

シェラさま

はじめまして。コメントありがとうございます。

「見返りのない親切」・・・私もコワイと思うほうです。
相手が何を望み自分は何を望んでいるか。
それがきちんとわかっている関係こそいろんなものを生み出すとおもうんですけどね。

人間同士の付き合いってそういうものだと思うのですが・・・

ブログ、またいかせていただきますね!

2012/06/02 (Sat) 06:53 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。