Welcome to my blog

ソプラノ・ヴォーカリスト 渡辺麻衣

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

【人に対するときは心で 自分に対するときは頭で】

Category - 未分類
【人に対するときは心で 自分に対するときは頭で】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大学卒業して間もないころだったと思う、
「先生」からそんなふうに言われたことがある。
「そうあることが大事なんやで」と。

「どこかの国だったか民族だったかの教えらしいけどな」と付け加えながら.
「『人には心で』これができてへん(足りない)人は多い。まずはこれが一番大事やな。あと、『自分には頭で』これも難しいことや。」
「『人には心 自分にも心』もいれば『人に頭 自分にも頭』も多い。このどっちかっていうのが一番多いんちゃうかな。でも一番避けたいのは『人に頭 自分に心』やな。こうなってしまうのは一番あかん。うちのメンバーにはそれはおらんな。笑」

そして周りにいる人達を挙げながら、

「『△△は頭 頭』やな。□□の場合はちょっと『心 心』やな。そやなあ、あいつは頭が勝ちすぎとるな・・・ ☆☆は心ばっかりやな・・・笑」

などなど楽しそうにつぶやき、そうなればなるほどその語り口はどれも楽しげであたたかく、でも鋭く的を得ていて、とても楽しかった。ひとしきり話した後、

「(自分の)まわりではこの『人には心で 自分には頭で』ができてる人は一人しかおらへんな。」

誰だろうと考える間もなく

「〇〇だけやな」
「〇〇はこれができとるねん」
「な、わかるやろ、オレはできてへんけどな 笑」

そやなその人やろな、と納得。

そして、

「まいちゃんはな」
「人に対して心、はできとるねん。でも自分に対しても心がまだ勝っとるな。頭のほうを増やすようにしてみ」
そう言われた。

なんだかすごく素敵なことを教わったと思って早速家族に話したが私の伝え方が下手くそで、「なんやようわからんな w」と言われてしまいなんだか「先生ごめんね;;」と思ったものだった。

このやりとりは私の記憶によく残っていて、ふとしたときに顔をだす。歌っているときはそれに近い気もするが普段の生活ではまだまだそこには至らないなあと感じる場面が多々あるので、まずは歌っているときのようになれたらいいなと思う。

先生とのやりとりは時折こうして浮かび上がってくることがある。それは先生が生きていたときと同じに、もしかしたらそれ以上に私の深いところに語りかけてくる。

Category - 未分類

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。